パッシブデザイン

2019年5月16日

リモートセンシング 熱環境シミュレーション 緑の熱環境緩和効果 パッシブデザイン

建築内外で、空気や熱を効果的にコントロールするパッシブデザインについて、環境工学的な見地から研究をしています。

パッシブデザインは、建築的な工夫と外部風や太陽のエネルギーといった自然の力を最大限に生かした建築デザインです。快適かつ健康で、省エネルギーな建築環境を形成するうえで、近年あらためて注目されています。当研究室では、実測調査およびコンピュータシミュレーションにより、地域の気候特性に適したパッシブデザインを探求しています。

住宅の自然換気と夜間蓄冷を活用したパッシブクーリング

“夏場にひんやりとした室内環境を実現する”

コンピュータシミュレーションによるパッシブデザインの最適化

“効果を最大化するComputational design”

蒸暑地域のインドネシアにおける集合住宅のパッシブクーリング

“東南アジアに適したパッシブデザインを実現する”